パチンコ 吉宗k8 カジノau版とソフトバンク版「iPhone 5」のバッテリー性能を比較する仮想通貨カジノパチンコtop online casino games

パチンコ 吉宗k8 カジノau版とソフトバンク版「iPhone 5」のバッテリー性能を比較する仮想通貨カジノパチンコtop online casino games

パチンコ 吉宗k8 カジノau版とソフトバンク版「iPhone 5」のバッテリー性能を比較する仮想通貨カジノパチンコtop online casino games

コイン チェック 取引 所 ネムk8 カジノ

海老名 パチンコ 「iPhone 5」の大きなトピックの1つが、高速通信サービスのLTEに対応したことだろう。日本ではau版とソフトバンク版iPhone 5の両方がそろってLTEに対応し、iPhone 5の発売に合わせてKDDIが「4G LTE」、ソフトバンクモバイルが「SoftBank 4G LTE」の提供を開始した。LTE通信は端末への負荷が大きくバッテリー消費が3G通信時に比べて多くなる傾向にあるが、au版iPhone 5の方がソフトバンク版より長持ちすると言われている。個人ブログやメディアでも「auの方が長時間持った」という報告が見られる。

photoソフトバンク版iPhone 5(右)では緊急速報をオンにすると「バッテリーのもち時間が短くなる場合があります」との注意書きがあるが、au版iPhone 5(左)にはない

 au版iPhone 5の方がスタミナがあるとされているのは、端末が無駄な通信をしないよう、ネットワーク(基地局)が制御しているため。例えば、LTE圏外になって3Gに切り替わると、端末がLTE電波を探しに行くが、LTEエリアでない場所では3G電波だけを見てLTE電波を無駄に探さないようにしている。また、KDDIのLTE網では、実際に通信をしている間だけ電波を発して、通信をしていないときは電波を発しない「アイドリングストップ」ともいえる技術が使われている。これらの工夫から、au版iPhone 5の待受時間は、Appleの公称値である「225時間」よりも長い「260時間」(KDDI調べ)を実現したという。さらに、au版iPhone 5は緊急地震速報や災害・避難情報を受信できる「緊急速報」をオンにしても消費電力を抑えられる。これは、au版iPhone 5では緊急速報をオンにすると、災害発生直後のみブロードキャスト(同報配信)の電波を受け、それ以外はブロードキャストの電波をチェックしないようネットワーク側が制御しているため。つまりau版iPhone 5の方が、緊急速報をオンにした際の通信頻度が低いわけだ。

 実際のところauとソフトバンク版でどれほど差が出るのだろうか。本誌でも、あらためてiPhone 5のバッテリー持ちを比較してみた。比較対象として、auとソフトバンク版「iPhone 4S」も加えた計4機種でテストした。

photoau版とソフトバンク版「iPhone 5」「iPhone 4S」の4機種をテストしたYouTube動画の連続再生時間は?

 まず試したのが、YouTubeの2時間強の動画を、満充電の状態からバッテリーが尽きるまで再生し続けるというもの(2時間ごとに再生し直した)。環境や条件は以下のとおり。

再生した場所は東京都江東区の屋内(6階)10月22日の午前9時57分に開始au版とソフトバンク版iPhone 5どちらもLTE圏内Wi-FiとGPSはオンにしたディスプレイの明るさは中間に統一メールはGmailのアカウントを登録し、プッシュは「オン」、フェッチは「手動」(初期状態のまま)アプリはプリインストール分に加えてYouTubeアプリをインストールしたのみiPhone 4SのOSはauとソフトバンク版ともに「iOS 5.1.1」iCloudは利用しない

 Gmailアカウントを登録してYouTubeアプリをインストールした以外は、限りなく初期状態に近い。なお、緊急速報はすべてオンにするつもりが、筆者のミスでソフトバンク版iPhone 4Sのみオフになっていたので(申し訳ないです)、本来はもう少しバッテリー消費が多かった可能性がある。なお、この日はauの3G網が不安定でYouTubeの再生がほとんどできなかったので、au版iPhone 4Sはテストを途中で中止した。

 さっそくテスト結果を見ていこう。連続再生時間はau版iPhone 5が308分(5時間8分)、ソフトバンク版iPhone 5が299分(4時間59分)、ソフトバンク版iPhone 4Sが396分(6時間36分)だった。iPhone 5の再生時間はau版の方が9分ほど長いが、誤差の範囲と言えるだろう。予想していたほどau優位な結果にはならなかった。auのLTEネットワークで工夫しているのは、3GエリアにいるときにLTE電波を無駄に探さない、待受時に無駄に通信をしないといったもので、常に通信をしている状態では差が出にくいのかもしれない。

 ちなみに、iPhone 5のYouTube連続再生時間が5時間前後という結果は、LTE端末としてはどうか。2012年夏モデルの比較記事で検証した際、連続再生時間が最長のLTE端末は、291分(4時間51分)の「GALAXY Note SC-05D」と「GALAXY S III SC-06D」で、iPhone 5の方がわずかに上回っている。しかも夏モデルのテスト時にはWi-FiとGPSはオフにしていたので、iPhone 5の方が条件は厳しい。Androidも含めた現行のLTE端末の中で見れば、iPhone 5のLTE通信時のバッテリー性能は優れていると言えるだろう。

YouTube再生時のバッテリー残量(%)※iPhone 5 LTEオン時

1時間後2時間後3時間後4時間後5時間後6時間後7時間後連続再生時間iPhone 5(au)815735171(8分後に0)--308分iPhone 5(ソフトバンク)79543215(59分後に0)---299分iPhone 4S(ソフトバンク)83745235269(36分後に0)-396分※ソフトバンク版iPhone 4Sのみ緊急速報はオフのまま。

関連キーワードiPhone | iPhone 5 | au | LTE(Long Term Evolution) | ソフトバンク | バッテリー | 通信 | iPhone 4 | iPhone 4S | 電波 | 緊急地震速報 | YouTube | ネットワーク | 4G LTE | 災害 | Gmail | GPS | iOS 5 | GALAXY Note SC-05D | GALAXY S III SC-06D | Wi-Fi | Android | Apple | 基地局 | 消費電力 | iCloud | SoftBank 4G待受時の消費電力は?仮想通貨カジノパチンコ中 日 キャンプ 放送

コメントを残す

業界連盟:k8 パチンコ k8 カジノ k8 カジノ カジノ ネット k8 カジノ k8 カジノ cr エヴァンゲリオン ルーレット web | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap